散骨業者の選び方&全国の業者ガイド

納得する散骨業者の選び方 散骨業者

散骨業者をえらぶ時に「ここかなぁ・・・」と料金の安さ、ホームページの雰囲気で決めるのは、あまりお勧めはしません。

その理由は、全国100社以上ある散骨業者の中にはダメな会社も存在しているからです。

利用者からの報告や調査結果をみても

  • 電話したら「メールでお願いします!」と威圧感ある言い方をされた
  • 素人同然の個人や異業種が副業にしている
  • パンフレットを請求したら、営業電話がしつこい
  • 会社住所を調べるとアパートや山小屋だった

こんな困った業者も確認しました。

申込したあとで散骨のトラブルになってからでは遅いですよね。

そこで本ページ後半にある散骨業者ガイドで探す前に優良業者を見分けるコツを紹介したいと思います。

散骨業者を選ぶ4つのポイント

HP、パンフレット取寄せ、電話による調査で全国の散骨業者を徹底的に分析しました。

以下のポイントを覚えておけば、失敗のリスクは少ないと思います。

写真でわかる信頼性

散骨業者のスタッフ

自社で撮影された写真が大事です!
上の写真のような「海のイメージ画像」「モデルのみの写真」だけしかないホームページも悪くはありません。

ただ自社で撮影したオリジナル写真が多いホームページほうが信用度は高いと思います。

スタッフ&代表者も写真を見よう
スタッフの写真はすごく重要。顔やプロフィールがあるのは安心にも繋がります。正しい知識をもつ散骨アドバイザーの在籍も1つの目安ですね。

いつ、どこで散骨してるか確認する
申込、実績のすくない業者は、写真数もすくなく、画像の使い回しの可能性もあります。

なので写真の多さ&撮影日はチェックしてください

散骨撮影日を確認

 

遺骨でなくゴマ煎餅せんべいを代用して写真を掲載している業者にはビックリしました。あり得ないですよね・・・(その業者、現在も営業中です)

電話・メールをしてみる

電話で話してみる
ホームページを見て100%安心なら、ネットで申込みでもよいと思いますが、一度は電話したほうが良いでしょう。話をすればスタッフの人柄や社風もわかりますしね。

無料パンフレットも取り寄せてみよう
誠意ある業者は、疑問など何でも丁寧に答えてくれます。また、そういう会社はメールの返信やパンフレットの発送も早いでしょう。

見積りをたのむ
「ココはいいな」と思う業者が数社あるなら、見積りをしてもらい料金の比較してみてください。わずかな差でも節約になります。

口コミ&評判、会社を調べる

レンタルオフィスや、電話1つで営業していて実態がわからないような事業者もいるので、口コミ・評判もみれるGoogleマップで所在地も確認します。

リサイクルショップ、車販売業、遺品整理業者の参入もあるので散骨を本業としている会社法人のほうが安心です。

追加料金に気をつけよう!

格安だけど本当に散骨しているの?と疑わしい代行業者もいます。ボートをだせば赤字になるからと遺骨を不法投棄されたらシャレになりません。

すぐに廃業する業者も見かけますし、「お金を振り込んだら数か月も連絡がない」という報告もあります。返金や預けた遺骨がどうなるかも不安です。

また、粉骨加工が別料金、手元供養品を売りつける業者もいるので、必ず総額を聞いてください。

全国の散骨業者ガイド

全国の散骨業者 ガイド

【当サイトが厳選】
安心できる散骨業者をなるべく選んで掲載しています。
万が一、トラブルや不快な対応があった場合はご一報ください。安全担保のため削除いたします。
当サイトおすすめ
安心・確実そしてお花いっぱいの散骨なら
平安堂の東京湾・散骨コース


【北海道・東北地方】
北海道の散骨業者
青森県の散骨業者
岩手県の散骨業者
宮城県の散骨業者
秋田県の散骨業者
山形県の散骨業者
福島県の散骨業者
【甲信越・北陸地方】
新潟県の散骨業者
長野県の散骨業者
富山県の散骨業者
石川県の散骨業者
福井県の散骨業者
山梨県の散骨業者
【関東地方】
東京都の散骨業者
神奈川県の散骨業者
埼玉県の散骨業者
千葉県の散骨業者
茨城県の散骨業者
栃木県の散骨業者
群馬県の散骨業者
【東海地方】
愛知県の散骨業者
岐阜県の散骨業者
静岡県の散骨業者
三重県の散骨業者
【近畿地方】
大阪府の散骨業者
兵庫県の散骨業者
京都府の散骨業者
滋賀県の散骨業者
奈良県の散骨業者
和歌山県の散骨業者
【中国地方】
鳥取県の散骨業者
島根県の散骨業者
岡山県の散骨業者
広島県の散骨業者
山口県の散骨業者
【四国地方】
徳島県の散骨業者
香川県の散骨業者
愛媛県の散骨業者
高知県の散骨業者
【九州・沖縄地方】
福岡県の散骨業者
佐賀県の散骨業者
長崎県の散骨業者
熊本県の散骨業者
大分県の散骨業者
宮崎県の散骨業者
鹿児島県の散骨業者
沖縄県の散骨業者
【海外リゾート】
・ハワイ・グアムの散骨業者(現在リニューアル中)

散骨タイプ別の注意点

ここまでお伝えしきれなかった散骨タイプ別の注意点です。

散骨代行・委託サービスの場合
代行サービスは、ボートに乗る必要もなく遺骨を預けるだけのシンプルさに需要があり、業者の数も多いです。そのため価格競争もあり安くなるのは喜ばしいことです。

しかし、注意するのは1万円台の激安の業者です。ボートは1回でも出航すれば経費2万円以上かかるので、赤字になるような料金に不安を感じます。

とは言っても安くて申込みも多く定期的に、そして確実に散骨をする会社も沢山いますので選び方次第だと思います。

乗船型散骨クルーズの場合
貸切、合同のどちらのタイプも代行サービスと比べて費用は高いですが、実際にスタッフと会えるので安心感はあります。乗船タイプがどんなか感じか知るために散骨体験クルーズの参加も良いかもしれません。

また、お客様を乗せるための「不定期航路事業」の届出と保険加入の有無も確認ください。モグリの業者で海難事故があったら散骨どころではありません。

以上、みなさんが確かな散骨で故人様のご供養をおこなえるよう願っております。


散骨事業者の皆さまへ
本ガイドに掲載をご希望の事業者さまは、登録フォームよりお申し込み下さい。法人・個人を問わず御社の散骨サービス情報を無料で掲載させていただきます。掲載基準を満たさない場合はお断りすることもあります。お客様から信用を損なうクレームなどがあった場合は、掲載を削除させていただきますので、ご了承ください。