散骨代行サービスを選ぶ方法

海と献花 散骨

遺族のかわりに遺骨の供養をしてくれる散骨代行サービス。

初めて散骨をする人にとって全国100社から「安心できる業者」を選ぶことは大変です。

そこで今回は、

  • 料金でえらぶ注意点
  • いい業者のポイントとは?
  • 申込前に知っておくこと

この3点を散骨のプロがやさしく解説をしていきます!

料金で選ぶには

散骨代行の費用は相場2~7万円と幅広いですが、ボートの出航方法が違うだけで、サービス内容はほぼ一緒です。なのでご自身にあった予算で選んでも問題ありません

では、料金の差を説明いたしますね。

2~3万円台
この安さは、ご遺骨が複数集まってからボートを出すので、経費を効率よく抑えているからです。

ほとんどの業者が、この方法なので「安くて怪しい」といった心配はありません。

だだし、安さで遺骨をかき集める激安1万円台や、追加料金で儲ける業者には気をつけてください。

5万円は高い?
葬儀社、クルーズ会社に多いのが5~7万円台。

遺骨1体でもボートを出航しているならば、燃料などの経費を考えると適正ですが、お金に余裕がある人向けですね。

この価格帯の注意点として、お客様に内緒で散骨を外注委託しているケースがあるので、自社で散骨するのか聞くとよいかもしれません。

あとは、選ぶ時のポイントが重要になります。

いい業者を見分けるコツ

当サイトが全国の散骨業者を調査したところ、依頼をして「大丈夫?」と不安になるような会社を多数確認しました。

大切な遺骨を託すのでトラブルにならないよう「優良な業者」をしっかり見分ける必要があります。

そのポイントは3つ、

1. 過去の散骨写真が多い
過去に散骨した写真を多く掲載している業者を選びます。写真や実績が少ない業者は避けた方が良いかもしれません。

2. 次の散骨予定日
次回の散骨日もチェックです。いい加減な運営、申込の少ない業者は、次の予定日の告知ができない傾向にあります。

3. 会社情報、口コミをみる
誠実な業者は、会社情報やスタッフもしっかり公開しています。また口コミ、評価も重要なので「散骨+業者名」でGoogle検索すると、★評価がついた「利用者のレビュー」が見れます。

この3点なら簡単にチェックできますね。

【厳選】スタッフおすすめ業者
お急ぎの方に安心できるサービスを厳選しました!
写真、予定日、口コミの3点をクリアした業者です。

評価 散骨サービス名 税込料金 場所
★★★ 散骨の平安堂 22,000 東京
★★★ ブルーオーシャンセレモニー 55,000 全国
★★★ 海の散骨舎 38,500 愛知
★★ シーセレモニー 38,500 東京

散骨の平安堂

散骨の平安堂

当サイト一押し「平安堂」さんは、google口コミ4.9点、実績・写真も多数。海洋散骨アドバイザー資格をもつスタッフが月1回ペースで東京湾にて格安2.2万円で散骨してくれます。「お花いっぱい」の散骨はここだけ、オススメです。

散骨代行コースをみる

ブルーオーシャンセレモニー
ブルーオーシャンセレモニーさんは、料金は若干高めですが、自社で豪華クルーザーをもつ老舗業者です。散骨場所は東京湾をメインとして全国の海域対応、女性スタッフによるきめ細かい丁寧なサービスが特徴です。遺骨の出張引取りもあり、安心してお任せできます。

海の散骨舎
愛知県の散骨業者ならここ!海の散骨舎さんはCBCテレビで紹介されるほどで、ブログやHPでスタッフ、散骨写真もちゃんと公開。自社保有のボートで確実に散骨を代行してくれます。

ここから注意点も含めて「申込~散骨」までの流れを解説します。

申込む前の注意点

散骨までの流れはシンプル、こんな感じです。

① 申込
② 遺骨をあずける
③ 散骨の実施
④ 完了の証明書が届く

正しい申込方法
ネット申込みでも問題ありませんが、スタッフの対応がわかる電話の方がおすすめです。申込後は「身分証」「火葬埋葬証明書」の2点を用意しておいてください。

遺骨を預けます
遺骨を業者に預ける方法は、①お店に持っていく、②取りに来てもらう、そして1番利用されているのが③郵送セット

遺骨を入れて業者へ送れる便利なセットですが、どの業者も2500~3500円と別料金です。

遺骨の郵送セット

【マメ知識】
遺骨の郵送は郵便局の「ゆうパック」のみ可能。ヤマト・佐川等の宅急便はNGです。

遺骨をあずけた後は?

遺骨は粉骨にします
散骨するために遺骨をパウダー状(粉骨)にします。

散骨当日
散骨代行業者が海で散骨する様子

散骨をしてお別れとなります。献花、献酒、読経のサービスは業者によって異なります。

散骨証明書が届きます
写真付き証明書だと親切な業者です。

骨つぼ、骨箱はどうなる?
どの業者も無料で処分してくれます。

散骨後に手元供養したい人は
頼むと無料で少量の粉骨もらえる業者が多いです。

この3つは頼めない

散骨業者に「頼めないこと」をまとめてました。

  • 遺品、仏具を一緒に海に撒く
  • 親族でない人が申込む
  • 散骨日を指定する

これらはどこも受付けてくれないと思います。

散骨場所へお参りをしたい場合

散骨の後、海上沖の散骨場所まではボートで行くお参りサービスもありますが、2~3人で7万円ほどかかります。

乗船の大変さや金銭的負担も大きいことから、陸地から海に向かって手を合わせる人が多いようです。

【最後に】
散骨代行はとにかく業者選びが大事。ホームページの綺麗さ、安さに飛びついて後悔しないようにこの記事がみなさまの参考になれば幸いです。