散骨のルール&マナー

散骨のルール 散骨

ここでは散骨のルールやマナーについて解説したいと思います。

散骨のルール・マナーを知っておく

今のところ、散骨に関する法律はないのですが、法務省では節度のある散骨ならOKと認めています。

この節度が大事なので、どこでも好きなように散骨できる自由さはありません。

最低限のルールやマナーを知らないと、迷惑や事件になる可能性もあるのでご注意ください。

遺骨は粉骨にするのがルール

散骨する遺灰は、粒子2mm以下のパウダー状の粉骨にするというルールがあります。

サラサラな粉骨にすれば自然環境にも浸透しやすく、散骨の時にも目立たないという事ですね。

やはり見た目が明らかに遺骨だと周囲はビックリしますし、死体遺棄事件になるかもしれないので、粉骨化は散骨業者が必ず守っている決まりなのです。

業者に頼らず個人で散骨する人にも粉骨化は必須です。

自分で散骨する方法と手順

散骨のガイドラインについて
一般社団法人 日本海洋散骨協会が設けた安心・安全を目的とした個人・散骨業者向けにガイドラインをだしています。

散骨場所の注意点

「近所の川で粉骨を撒いて大丈夫?」

ダメなんですよね。

川や湖などの生活用水源のほかに、国立公園、森林などは法律、条例で規制されていることが多いです。

海であれば90%散骨は可能ですが、海水浴場、漁場の付近では避けましょう。

散骨できる場所、ダメな場所

散骨のとき、喪服?平服?

喪服姿で散骨するイメージ写真をインターネットで見かけますが、あまり関心はしません。

理由は、喪服姿だと海や山では凄く目立つので、なるべく平服にしてください。

海だと、漁師さんやレジャーを楽しむ人がいますし、森林でもゾロゾロと喪服で歩いていたら「怪しい儀式?」と思われてしまいます、

服装や行動に気をつけないと地元住民に通報されたり、「散骨されたら土地の価値が下がる」と迷惑になる可能性もあります。

なので散骨の時は普段着、そして目立たないのが一番なのです。

献花をキレイに見せる方法

散骨の時の献花は花束ではなく、花びらにしてください。

海の上でフワッ~と広がり、さらに花は赤、黄色を多めにすると鮮やかですよ。

花びらのもう一つメリットは、環境への配慮です。

散骨ガイドラインでも、ラッピングされた花束の包装紙、リボン、銀紙などは環境汚染になるかので花びらを推奨しています。

散骨のツイッター利用は慎重に

snsをする女性

豪華なクルーザーで散骨しました!とツイッター、フェイスブックなどのSNSですぐさま公開することは控えた方がよいかもしれません。

参列者のプライバシーや散骨場所への配慮上、ちゃんと検討してからアップロードした方がいいでしょう。

遺骨を入れる容器と注意点

粉骨にした遺灰は、小さい容器や水溶性紙袋に入替えてください

骨壺だと目立ちますし、何よりも重いです。

成人の遺灰は2~3㎏もあるので、袋の底が破れない強度のある布製バッグなど選んでください。

目立つと言えば、散骨時に遺影、位牌も周りに配慮してくださいね。

そして遺骨と一緒に海に投げず、必ず持ち帰ってください。ご不要になった後は遺品整理業者で処分や、お寺でお焚き上げしてくれます。

船酔いには十分気を付けて

船酔いする人故人を見送る大事な日ですから前日は十分な睡眠、当日は酔い止め薬を持参して同行者に心配をかけないこともマナーです。

海が荒れると船酔いになる人が多いです。その症状は頭重たく、胃はムカムカとなり、散骨どころではありません。波が高いと漁師でさえ船酔いをするそうです。

以上、散骨のルールとマナーを解説してきました。