自分で散骨する方法&手順

自分で散骨するイメージ 散骨

自分で散骨をする方法を解説していきます。

散骨*調べるナビの渡辺が担当します

その手順は、とてもシンプルです。

  1. 遺骨をパウダー状にする
  2. 散骨場所を決める
  3. 遺灰を撒く

それでは、遺骨のパウダー化~散骨までその方法を見ていきましょう。

遺骨を粉骨にします

まず、遺骨をそのままで散骨すると処罰される可能性があるので、パウダー化(粉骨)が必要です。

自分で遺骨を粉骨にした結果

・自分で粉骨にする方法
粉骨は、機械をつかえば3~5分ですがレンタルで2万円、買うと5~20万円するので、自宅にある道具(すり鉢、スリコギ棒など)で細かく粉砕していきます。
男性なら1日で終わるでしょう。

・粉骨の入れ物をえらぶ
骨つぼに戻しても重たく目立つので、入れ物は2~3リットル入る紙袋がおすすめです。

水溶性紙袋散骨用の「水に溶ける紙袋」も便利、Amazonなら2,000円程度で売っています。

 

 

経験から言うと…

私も自分で4時間かけて粉骨にした経験がありますが作業も大変しかも、部屋中がザラザラになりました。

なので、粉骨だけは、1万円前後で頼める専門業者に頼んだほうが良さそうです。

自分で海へ散骨する方法

遺灰を撒くことから、そこは第3者への配慮は必要です。

人がいない時間帯をえらんで、目立たない散骨を心掛けましょう。海でレジャーを楽しむ人またフェリーや遊覧船からの散骨は禁止されています。

そして「陸から1.8㎞以上の沖合」と業界団体で自主ルールを設けています。

ボートを持っていない人は、防波堤や海岸沿いでもよいですが、このような場所は避けてください。

・生活用水となる河川、湖、沼など
・漁場、養殖場付近
・公園、住宅地
・観光地や観光ルート

散骨は法律で禁止されていませんが、条例を定める自治体もあるので確認は必要です。

・お花を用意する
献花は、海を汚さないよう花びらが理想です。花束はリボン、輪ゴムなどすべて外してください。お花は鮮やかに映える「赤、黄、ピンク」など選ぶと良いでしょう。

・献酒・献水について
献水はOKですが、アルコール成分は海には有害なので、お酒はコップ1杯が適量です。

喪服・散骨する時の服装
礼服は目立つので、必ず平服にしてください。また、位牌、遺影も早めに片付けてください。


ここまで読んで「自分では無理かな‥」と思った人は、遺骨を預けるだけで散骨してくれる代行サービスをオススメします。

1.5万円で頼める!⇒散骨代行サービス

自分で山林散骨する

山林の所有者から許可があれば散骨はできます。ただし国有地や自治体が所有している山林の散骨は、ほぼ不可能と思ってください。「散骨していいよ」と言ってくれる所有者がいればラッキーです。

それでも海よりも陸がいい…という人は、樹木葬も検討すると良いでしょう。

自分の土地で散骨する

自分が所有している土地であれば庭でも散骨はできます。
しかし、あくまでも散骨なので土をかぶせる、穴を掘って埋めることは違法です。なので粉骨は撒くだけにしてください。

もう一つ大事なことは、散骨した土地は、売らない、住み続けるという前提になります。
もしも将来的に家を売りたい方は、敷地内の散骨が不動産価値を下げて不利になることだけは覚えておいてください。

旅先で散骨する

国内で散骨する人は、電車でも遺骨を持ち運びできます。また、飛行機でも手荷物として持込み可能ですが、念のため航空各社のサービスセンターで確認してください。

空港のチェックインでは埋葬、火葬の証明書、粉骨証明書のどれか持参すれば、手続きもスムーズです。

海外の場合、税関で「麻薬」と間違われないように、英語で散骨「scatter ashes」、粉骨「ashes powder」と説明するか、英文の証明書を発行してもらえる粉骨業者に頼むと良いでしょう。

残った骨壺、遺品はどうする?

骨壺や骨箱を処分する
骨つぼ、骨箱は、「家庭ごみ」として処分できます。

・骨つぼ
ハンマーで細かく割って新聞で包み「割れ物・燃えないゴミ」へ。

・骨箱
「可燃ごみ」として出せます。分解するか、そのままゴミ袋に入れてもOKです。

・白い風呂敷・骨箱カバー
どちらも「可燃ゴミ」として出せます。

・位牌・遺影
位牌なら可燃ゴミへ、遺影は写真と額を分別してください。お寺・神社でお焚き上げを利用するのもよいでしょう。

自分で遺骨を乾燥する

お墓に埋葬されていた遺骨は、ほぼ99%の確率で雨水や結露で湿気帯びているので乾燥させる必要があります。湿った遺骨は上手に粉砕できません。ご近所に配慮しながら、自分の庭や駐車場にブルーシートの上で遺骨を並べます。天気の良い日に2~3日ほど天日干しの後、完全に乾燥したら粉骨作業が開始できます。粉骨業者なら専用機で乾かしてくれます。


以上、自分で散骨をする方法を紹介しました。手間のかかるセルフ散骨ですが思い出に残る散骨供養が実現できますし、故人のためにチャレンジしてみるのも良いかもしれません。