散骨のできる場所・ダメな場所

散骨場所の良し悪し 散骨

ここでは、散骨ができる場所、ダメな場所を解説していきます。

散骨は自由にできるというイメージですが、散骨場所はどこでもOKというわけでありません。

たとえば、海や山であれば制限があったり、他人の敷地であれば所有者の許可が必要となります。

また埼玉県・北海道内の一部の自治体では条例で散骨を禁止しているのでご注意ください。

散骨場所が海の場合

現行の法律では散骨すること自体には制限もなく自由に行えますが、人骨を撒く以上、ルール・モラルが存在します。

たとえば、見た目がゴツゴツした遺骨では事件と思われるので、必ず遺骨をパウダー状にして散骨するといったルールです。

また、海洋散骨をすすめる業界団体は「散骨場所は陸地から〇㎞以上離れた沖合でする」といった独自のルールをつくりました。

このルールの目的は散骨業者の指導がメインですが、散骨を行う個人にもマナーを守れよう社会的規範として設けられています。

とは言っても、あくまで民間団体の自主的なルールです。もちろん常識的な事項は遵守するべきですが、法務省の見解では「節度をもって」行えば、わざわざ沖合まで出なくても、海岸や防波堤の先端から散骨ができるのです。

この「節度をもって」とは、第3者を不快にさせない、環境保全などの配慮を指します。

自分で海に散骨する時の注意点

まず、散骨するには遺骨を2㎜以下のパウダー状の粉骨にすることは必須です。

そして海水浴場の付近、サーファー・釣り人のいる場所、漁場・養殖場は避けるといった常識的なマナーを心掛けてください。

貸しボートは半日レンタルで時間は足りるでしょう。たとえ沖合であってもフェリー・連絡船等の公共の乗り物からの散骨は禁止です。

防波堤、海岸線沿いの散骨であれば、大人数で遺影を持って歩かず、目立たないような行動が一番です。人が少ない時間帯が散骨のタイミングかもしれません。

散骨のルール&マナー

業者の散骨場所はご確認を

散骨業者に依頼する場合は、ホームページで散骨場所があいまいな業者は要注意です。

理由は地方自治体が条例で事業者向けにガイドラインを設けて、散骨業の規制をしているエリアがあるからです。

個人の散骨、業者依頼のどちらであれ、散骨場所の確認は地域役場に聞いたほうが早くて正確ですね。

山林は散骨場所としてむずかしい

山林散骨の場所選びは容易ではありません。

あなたが山林の所有者、または所有者の許可を得ていれば散骨は可能です。

しかし、山林のほとんどは国や地方自治体の所有地であり、散骨の許可をもらうのは、ほぼ不可能だと思ってください。

登山好きの知人が山小屋の親父に正直に話したら「国立公園だからダメだよ」と止められたそうです。
それでも山林は広大なので、コッソリと遺灰を撒いてもバレないかもしれません。いずれにせよ許可された山林以外は堂々と散骨ができないと覚えておいてください。

散骨場所が自宅の庭ならOK?

結論から言うと、自宅の庭で散骨することはOKです。

遠いお墓を選ぶより自宅なら故人を近くに感じるという魅力がありますが、やはり都会よりも広い庭を持っている地方の人が花壇や樹木の下に撒くケースが多いようです。

ここで注意するのが、遺骨をそのまま埋めるのはダメという事です。

地面を掘って埋葬するには地目が「墓地」でないと埋葬はできません。

登記上、住居は「宅地」のため、墓標を建てない条件で2㎜以下の粉骨化した遺灰を撒くことだけが許されています。

土や落ち葉で遺灰をササっと覆うのも埋葬に該当するのも厳しいのですね。

また、将来的に自宅を売却する予定ならば、庭の散骨はお勧めはしません。

不動産売買において「出来る限り全てを説明」する必要性もあることから、人骨が撒かれた事実を伝えれば物件に買い手がつかない、資産価値が下がるなど不利になる可能性もあります。

分かりやすく言うと「事故物件」と同じような扱いになってしまうのです。

お墓が欲しい時、庭で埋葬できる?

どうしても庭にお墓が建てたい!そんな時は近隣住民に説明会を開催して同意の上、役所の手続きを完了してはじめて個人墓地として許可が出ます。

ただ、反対する住民が多そうで不可能に近いと思います。手続きの面倒や自宅の売却リスクを考えれば、散骨やお墓を買った方が賢明かもしれません。

散骨がダメな場所

以下の場所は法律・条例対象でなくても散骨ができません。

  • 他人の所有地・私道
  • 国・自治体の所有地
  • レジャー施設
  • 公共施設・公園など
  • 観光地・観光ルート
  • 漁場・養殖場のある海域
  • 湖・河川・温泉など

所有者から許可を得ていれば話は別ですが「ここなら大丈夫かも?」なんて安易に自分で判断するのはキケンです。

母の遺灰を無断で散骨した話
2005年11月、米国フィラデルフィアにあるスタジアムのフィールドに勝手に立ち入り、母親の遺灰を撒いた息子を逮捕という事件がありました。
この事件の他にも、全米の各ディズニーランドの敷地内でスタッフがアトラクションや花壇で何度も遺灰を発見したそうです。

散骨後、お参りに苦労する場所

海の散骨場所にお参りに行くメモリアルクルーズというサービスがあります。しかし、ボートに乗るので、船酔いの恐れや悪天候で中止という事もあります。

また、山林も天気に左右され、悪路だと体力に自信のない方には大変だと思います、散骨後のお参りを考えると、どちらも苦労は避けられません。

散骨場所は故人の希望が特になければ、残された家族が気軽にお参りできる場所を選べば良いと思います。

樹木葬なら条件がバッチリ!

同じ自然葬という事であれば、人気の樹木葬という選択もあります。しかし全国の樹木葬の平均価格は40万円以上と海・山の散骨と比べるとかなり高額。

そんな中、全国で一番安い36000円の樹木葬(1霊体/粉骨を埋葬する合祀墓タイプ)があります。

東京都心から、わずか1時間の千葉県にある420年続く「法光寺」の自然葬です。お寺内の墓苑なので楽にお参りができます。シンボルツリーは釈尊が入滅したと言われる般涅槃の象徴「沙羅双樹」が故人を見守ってくれます。

お寺の樹木葬コース(外部リンク)

ペットの散骨場所は自 由ですが

犬・猫ちゃんの亡骸は可哀想ですが法律上、一般廃棄物として可燃ごみにだせます。

死んでしまうと「モノ」扱いになるそうです。

今では家族同様のペットが亡くなると、ちゃんと火葬して供養するケースも多くなりました。

ペットに関しては散骨や埋葬場所の制限もなく自由にできるので自宅の花壇や、よく散歩で訪れた場所などで不法投棄にならない程度にそっと散骨してあげましょう。

日本初!公式な散骨場所

島根県の大山隠岐国立公園内の隠岐諸島の一つ、無人島であるカズラ島が国内初の公の散骨場所となりました。

自治体と葬儀会社の村興し的なコラボレーションらしいのですが散骨費用が20万円以上とかなり高額です。

せっかく堂々と散骨ができる公の場所なのに、アクセスも不便で島根県にゆかりがある人以外にメリットがないのは残念です。

散骨可能場所一覧

散骨場所 注意点
海(海岸線沿い) △ 海水浴場 ✕ 人目を避けて行う
海(沖合) 〇 漁場・養殖場付近・大型船航路は避ける
山(自身の所有) 〇 近くに水源の有無を確認。
山(他人の私有地) ✕  所有者の許可が必要。川など水源も確認
山(国有地) △ 管理者の許可が必要
河川・湖 ✕ 生活用水源のため
自分の土地 △ 売却をしない、 ✕ 墓標ダメ、 ✕ 埋葬しない
他人の土地 ✕ 土地所有者の許可が必要
観光地・公園 ✕  許可は困難

以上、散骨のできる場所、ダメな場所を紹介しました。

実際に散骨された方の記事やブログを拝見すると、故人の想い出の場所や、自宅から近い海を選んだなど、みなさん理想の場所で散骨をされています。そして今後、お墓を選ばず、ますます散骨葬を希望する方が増えていくと予想されます。

しかし懸念されることは、違法散骨をしたことが事件や社会問題になれば、法律で禁止され自然葬が出来なくかもしれません。せひ場所や法律を守って気持ちよく故人を見送っていただければと思います。